GLUE

暮らしと仕事にちょっと役立つかも知れないエンタメ系情報サイト

  • 株式会社アジャスト
エンタメ

ノートPCが入るバックパック
失敗したくないあなたに見てほしい5選!

バックパック5選

リュック選びってむずかしい……

今から10年ちょっと前、私が大学生のころ、たまにノートPCを持って通学していました。当時はノートPC収納専用のブリーフケース(あまりオシャレじゃないもの・笑)しか選択肢がなかった気がします。

その頃と比べて今はユーザを取り巻くPC、モバイル環境が大きく発展しました。それに伴って、普段使いのカバンだけどPCが収納できるモデルというのもかなり増えてきました。

しかし中には「ノートPCは確かに入るけど空間的に入るだけじゃん……」と突っ込みたくなる製品や、「これは丈夫そうだけど見た目が……」といった製品もあって、自分に合うものを見つけるのがなかなか大変な世の中です。

そこで昔のMacbook Pro(結構重い!)を背負って自転車通勤している筆者が、見た目、機能、収納性などを吟味し、厳選した「ノートPCが入るバックパック」5点を紹介します!

大丈夫、厳選しました

予想外の収納量!オシャレと実用性と兼ね備えた人気者

shuttle daypack

THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)

SHUTTLE DAYPACK

実勢価格 ¥16,200(税込)

容量 25L
重量 1090g
主な素材 1050Dコーデュラバリスティックナイロン
収納PCサイズ(メーカー推奨) 17インチまで

もっと詳しく

SHUTTLEシリーズの中心的存在、『SHUTTLE DAYPACK』。
シンプルな見た目なのでビジネスシーンでも使いやすそうです。

ノートPCの収納は低反発素材のスリーブタイプで、出し入れしやすいのがポイント。さらにモバイル機器や小物用のポケットが絶妙な位置に配備されていてとても使い勝手がいい印象です。

でも、このバッグの最大の特長は背負い心地の良さかもしれません。角ばった見た目に反して、背中や肩まわりにはクッション素材が使われているため、本当に体にフィットしてくれます!

別売品で純正レインカバーがあります。アウトドアブランドなのでそのあたりは抜かりないですね。
SHUTTLEシリーズはシーズンごとに仕様がリニューアルされることも多く、素材やカラーバリエーションは変更になることがあるので、欲しいと思えるものに出会った時が買い時かも。

整理収納性がすごい!これなら整頓下手でも大丈夫!?

blade20

ARC’TERYX(アークテリクス)

Blade 20

実勢価格 ¥27,000(税込)

容量 20L
重量 1240g
主な素材 N210p-HT ナイロン 6,6 / N630p-HT ナイロン 6,6
収納PCサイズ(メーカー推奨) 15インチまで

もっと詳しく

リュックとしての使用はもちろん、縦向きの手提げ、横向きのビジネスバッグとしても使える3ウェイ仕様。

メイン収納はジッパーが大きく開き、本を開いたようなスタイルになる、大きな荷物でも出し入れがとてもしやすいパネルローディング方式を採用。

専用パッドが仕込まれたノートPC用収納スペースのほか、タブレット端末を収納するポケット、ケーブル類を収納する小物用メッシュポケット、パスポートポケットなどもきっちり装備されています。クリーンでシンプルな見た目からは想像がつかないほどたくさんのものが収納・整頓できる!

背中に接する部分には熱成形バックパネルが採用されていてフィット感が抜群にいいので、是非体感してみてほしいです。

今回紹介したのは20LサイズのBlade 20という製品ですが、同シリーズでBlade 6、Blade 20、Blade 28という3サイズが展開されているので、用途に合わせて選ぶとよいでしょう。

究極のオーソドックス!万能型の優等生

bike 2b

BACH(バッハ)

BIKE 2B

実勢価格 ¥27,000(税込)

容量 30L
重量 1300g
主な素材 コーデュラキャンバス
収納PCサイズ(メーカー推奨) 15インチまで

もっと詳しく

モデル名から察せるとおり、バイクユースを想定して開発されたバックパック。
「気が利いた」モデルの多い『BACH』のバックパックの中でも、爆発的な人気を誇っています。

ヘルメットホルダー、レインカバーを完備するなど、自転車乗りには嬉しい機能を装備。
かといって自転車用に振り切ったモデルではなく、見た目はスタンダードなフォルム、ユーザの利用シーンを念頭にデザインされたコンパートメント、耐久性に優れたコーデュラ素材が使われているので、日常使いにもぴったりではないでしょうか。
30Lとタウンユースにも十分な大きさを備えていて、しかも癖のない外観なので、自転車に乗らない人にもおすすめできるモデルです。

撥水・防汚機能がすごい!使うほどに感じるその実力

trucks rainproof backpack

MAKAVELIC(マキャベリック)

TRUCKS RAINPROOF BACKPACK

実勢価格 ¥21,384(税込)

容量 25L
重量 1030g
主な素材 コーデュラキャンバス(テフロン加工済み)
収納PCサイズ 13インチ程度

もっと詳しく

レインプルーフというモデル名からわかるように、悪天候にも耐える素材を使ったモデル。
撥水・防汚のためにテフロン加工を施したコーデュラ素材が用いられていて、引裂・摩擦に強いだけでなく、多少の雨なら弾いてくれるという優れもの。さらに専用レインカバーが付いているので、急な雨でもしっかりバッグを守ることができます。

PC収納は出し入れがしやすい背中側の独立コンパートメントと、メイン収納内のスリーブの2箇所に用意されているので、PCのサイズや厚さで使い分けられる仕様。メイン収納にも、モバイル機器やケーブル類を収納するのに便利なポケットが多数ついていて使い勝手がよいです。

『MAKAVELIC』が得意とするツートンカラーのほか、シックな色のモデルも充実しているので様々なシーンに対応していると言えるでしょう!

コスパがよく、幅広い用途に使えるオールラウンダー

classic 28l

Cabin Zero(キャビン・ゼロ)

Classic 28L

実勢価格 ¥6,900(税込)

容量 28L
重量 600g
主な素材 ポリエステル
収納PCサイズ 15インチ程度

もっと詳しく

リュック、またはブリーフケースとしても自然に使える2ウェイ仕様。
2ウェイ、3ウェイ仕様のバッグって見た目が不自然になってしまうことも多々あるような気がしますが、これは本当にどちらの持ち方でも自然です。

シンプルな外観、見た目以上の収納量があるので普段使いのほか、ちょっとした旅行、ビジネスユースなど幅広く対応してくれるのが特長。しかも今回紹介したカバンの中で最安値!とてもコスパがいい商品です。

この価格で南京錠がつけられるジッパー、バッグ紛失の際にはIDで追跡できる
「OKOBAN」システム内蔵などの付加価値がついているのも嬉しいですね。
重量も約600gと軽量で、カラーバリエーションも豊富。結構死角のないバッグと言えます。

Special One:クリエイター用のバッグ!?

セクシーなフォルムだけど……堅実な設計が光る!

isar eco yarn

cote&ciel (コート・エ・シエル)

ISAR ECO YARN

実勢価格 ¥34,560(税込)

容量 36L
重量 1500g
主な素材 エコヤーン(リサイクル糸)
収納PCサイズ(メーカー推奨) 15インチまで

もっと詳しく

フォルムのセクシーさがまず目に入ってきますが、侮るなかれ。
人間工学に基づいた設計がなされていて、メーカーの言葉を借りると「多忙な起業家やクリエイター」向けに作られたバックパック。

生地はデニムのような風合いでかなり丈夫そうです。
PC収納はメイン収納と別になっており、ジッパーを開けるとがま口のように開き、PCだけでなく周辺アクセサリも一緒に収めることができる作りになっています。PC+周辺アクセサリはPC収納に、書類などはメイン収納にといった整頓がとてもしやすいです。

独特のフォルムゆえに「使うシーンを選びそう……」と思ってしまいそうですが、無駄のないシックなデザインにまとまっているので、堅めの職業でなければビジネスシーンにも十分使えそうです。
万人向けではないことは断言します。が、大人の魅力を感じさせたい、またはオシャレ感を演出したいときにはこれをおすすめします!

バックパック着用イメージ

まとめ

一見すると普通のタウンユースのバックパックにもPC収納やモバイル機器収納ができるものが増えてきて、ノートPC専用バッグを別途用意しなくてもいい時代になってきました。

本記事で紹介したものは、ノートPCを収納することを想定して設計されたモデルです。すなわち、メーカーが、機器への衝撃緩和・揺れの防止などの工夫を施したモデルということです。
予算やカラーバリエーション、サイズ、外観の好みに合わせて是非検討してみてください!

注意事項としては、PC収納イコール防水性があるというわけではないので、雨の日などに大事なデバイスを保護するには別途レインカバーを使ったほうがさらに安心ということ。

最初からレインカバーが付属している素敵なモデルもあります。また、推奨PCサイズがそれぞれ記載されていますが、厚さの違いなどでうまく収まらない場合もありますので、できれば実物を見て触って、検証されたほうが安心と言えるでしょう!

(文/pino)

※記事内容はすべて公開日時点の情報となります。

記事をシェアする!