GLUE

暮らしと仕事にちょっと役立つかも知れないエンタメ系情報サイト

  • 株式会社アジャスト
エンタメ

「ただいま」からの一人鍋!

お鍋が美味しい季節ですね!
たくさんの鍋があって、どれもすごく美味しそう!
「あ~、日本人に生まれて良かった!!」と実感するものの、「食べたいけど、一人だから……」そんな方もきっと多いはず。

一人鍋って面倒くさいと思っていません?

そこで今回、鶏肉さえあれば、缶詰とあとは余っている材料だけで、30分もあれば簡単に出来ちゃう「トマト鍋」のレシピをご紹介!

鍋の素は使いません。分量もお好みで調節して下さいね。

『簡単トマト鍋』

トマト鍋

【材料】

  • トマトホール1缶
  • カップ1杯の水
  • トマトジュース カップ1杯程度
  • コンソメ 少々
  • 鶏肉がなければ、シーチキン缶やソーセージでOK
  • 残っている野菜(冷凍野菜が便利)
  • 乾燥にんにくスライス 少々
  • 塩コショウ 少々

以上、鍋に入れて煮込みます。
①鶏肉は食べやすい大きさに切り、ホール缶の汁にお水を加えて煮る。
②しっかりとアク取りをした後、トマトジュースとコンソメを入れ、ひと煮立ちする。
③残りの材料もまとめて入れ、味を調えたら弱火で数分間煮るだけ。

『シメのリゾット』

シメのリゾット

【材料】

  • 冷凍にしておいたご飯 茶碗一杯分
  • 溶けるチーズ 適量
  • 乾燥バジル 少々

④鍋の具を食べ終わった後、残ったスープの中にご飯を入れ、リゾットに。
⑤最後にチーズとバジルを散らし、蓋をして数分蒸したら出来上がり!

生トマトは、口の中で皮が残り舌触りも悪い為、入れる場合、湯剥きする手間があるのと、トマト自体にある程度の甘味がないと、酸っぱい仕上がりになりますが、好きな方はお好みで入れてみてください。

そして野菜が足りない時に便利なのが、冷凍野菜。
特にブロッコリーは彩りもいいので、一人洋風鍋に良く使います。
調理手順なんて考えなくていいし、自分一人で美味しく食べられればGOOD!

残っている材料を使い、あとは適当に放り込んで煮るだけなら、毎日でも食べたいと思いませんか?
今では一人用の鍋も普及し、百均でも小サイズの土鍋を見かけるようになったけれど、わざわざ買う必要もなく、家にある小さめの鍋で十分!

ちなみに私が使っているのも、15cm程の片手鍋ですよ。

©Amazon(https://www.amazon.co.jp/dp/B00BIYLIG2(※詳しくは画像クリック)

今回、鍋の素を使わなかったけど、私のおススメをご紹介!

ここ数年で、一人前用の鍋の素も種類が増え、自分で味付けする必要もなくなって助かりますが、大抵は1袋2~3人前用なのが辛いですよね。
半分だけ使った残りを空いたペットボトルに入れ、冷蔵庫に保存しておいても、一旦開封しちゃうと日持ちしないからなるべく早めに使い切るようにしている。
そんな中で、一本あると超便利な『だしの素』!
札幌かに本家社で販売している、こちらの商品。

『かにすきのだし』

かに好きにはたまらない万能だし!

かにすきのだし
©楽天『かにすきのだし

価格:550円 (税込み) ※送料別
内容量:300ml(5倍希釈)
楽天サイト:(http://item.rakuten.co.jp/kani-honke/128787/ )

かに独特の臭みもなく、雑炊はもちろん、炒め物や蒸し料理と何にでも合う。
卵焼きや、うどんのつゆも、これで作るとかにの風味もあって美味!
人数関係なく簡単に味付けできるので、かに嫌いでなければ是非一度お試しあれ!

『塩レモン鍋つゆ』

塩レモンブームの勢い、ついには鍋まで!

塩レモン鍋つゆ
©KALDI『塩レモン鍋つゆ

価格:289円 (税込み) /一袋
内容量:600g
カルディサイト:(http://kaldi-online.com/item/4571347772401.html )

           

塩漬けした輪切りレモンを、た~っぷり載せて食べた方が美味です!
柑橘系の爽やかな香りが部屋中に広がるので、リラックス効果もあり。
豆乳鍋のようなくどさもなく、最後のシメのうどんまでさっぱりしていて、ほんとやみつきになります!
しお系のインスタントラーメンとの相性も良かったです!

『広島れもん鍋のもと』

TVでも取り上げられた人気商品!

レモンといえば……、今一番気になっている商品がコレ! 豚肉や白身魚、との相性も良さそう。

広島れもん鍋のもと
©よしの味噌『広島れもん鍋のもと

価格(180g):432円 (税込み)
価格(550g):950円 (税込み)
よしの味噌サイト:(http://www.yoshinomiso-shop.jp/SHOP/86538/86568/list.html)

TVで取り上げられて以来、変り種として人気の商品らしい。
初めから小分けにして使えるから嬉しいですね!
「こってりした鍋はもう食べ飽きた」という方、チャレンジしてみてください!

余談ですが、「かに本家」のお取り寄せ商品の中で、こちらも美味しいです。

『札幌かに本家 特製 マヨネーズ』

意外に知られていない、お店の人気商品!

価格:400円 (税込み) ※送料別
内容量:300g
楽天サイト:(http://item.rakuten.co.jp/kani-honke/128792/)

通常のマヨネーズに比べ、ほんのりと甘味があり、子供にも人気が高い!
かにとの相性バッチリで、一度食べるとクセになる。
少々値は張りますが、マヨネーズ好きの方におススメします!

まとめ

野菜がべらぼうに高く、鍋をするにも躊躇してしまいますよね。
でも、一人分なら缶詰や冷凍野菜で、十分代用できますよ。
寒い冬ならではの、鍋。

美味しくできたら、今度は恋人やお友達を誘って、一緒に作ってみてはいかが?

(文/soramine)

※記事内容はすべて公開日時点の情報となります。

記事をシェアする!